「花いっぱいプロジェクト」について情報一覧

「花いっぱいプロジェクト」について

農林水産省の「花いっぱいプロジェクト」~お家やオフィスに花を飾ってみませんか?~
をごぞんじでしょうか?
新型コロナウイルスの影響で需要が減少している花きの消費拡大を図るため、家庭や職場に春の花を飾って楽しむことを推奨しています。インターネットの記事で知ったのですが、農水省のお役人のちょっと面白い動画などがアップされ、ひそかに話題になっているようです。農水省のHPでは、
________________________________
(趣旨)
例年、3月は卒業式や送別会等の各種イベントや、お彼岸需要により、花きの需要が最も高まる時期のひとつです。しかしながら、本年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため卒業式や各種イベントが中止されること等により、最大の需要期に向けて生産された花きの価格が下落しています。
そこで、農林水産省では、「花いっぱいプロジェクト」として、家庭や職場での花飾りや花の購入促進の取組を実施します。

(取組)
(1)フラワーバレンタインの取組の一環として、ホワイトデーに花を贈る花き購入施策を推進します。
(2)胸ポケットに生花のコサージュを挿す取組を推進します。
(3)イベント等の開催自粛で余剰になった花きを産地の生産者と連携して販売します。
(4)農林水産省公式Facebook、Twitter、BUZZ MAFF等を通じた「今週の花」発信や、家庭、職場での
 花飾りや花贈りの事例の紹介、庁舎内等の花飾りを行います。
________________________________

といった記載がありました。

新型ウィルスの影響が仕事だけでなく生活にも影響を及ぼしている中、そういえば先日の子供の卒園式では、卒園児がみんなコサージュをつけていて、この取り組みに一役買っていました。

私も普段ならまず考えない花束を買って妻に送ってみました。ホワイトデーのお返しになどとは言わず、農水省の企画に一口載ってみた、と伝えてみましたが、先に渡した菓子類などとは明らかに違う反応が。
花には、心を癒す、季節感を醸す、部屋が華やぐ、心が豊かになるなど様々な魅力・効力があるそうですが、ひょっとしたら家庭の円満に一役買うかもしれません。
皆さんも試してみてはいかがでしょうか?