健康保険の料率が変わります!情報一覧

健康保険の料率が変わります!

2020年の3月分(4月納付分)から健康保険の料率が変わります。

全国健康保険協会(けんぽ協会)の場合、長野県においては9.69%から0.01%上がり、9.70%になります。

また、同時に介護保険料も1.73%から1.79%になり、0.06%上昇します。

保険料が上がることは、もちろん企業にとっても従業員にとっても金銭的負担増となり、「歓迎できない」というのが本音です。しかし前記の料率アップであれば(繰り返しになりますが)歓迎はできない! のですが微増の範囲といえるのではないでしょうか。

 

一方新聞等では「介護保険料が大幅値上げになる」、という趣旨で報道されているようですがこれは主に、大企業等で、比較的所得が高い人たちが多く加入している割合が多い健康保険組合について、という条件が加わります。

該当の健康保険組合はこれまで介護保険料率の緩和措置があったため1.2%や1.57%とといった低い料率が適用されていました。しかし20年度からはこの措置が撤廃されるため1.9%や2.0%など、一気に料率が跳ね上がることになってしまった、というわけです。

 

いずれにしても我々の負担が増えることは確実です。昨年の消費税増税、台風災害、新型ウィルス問題などとともに、景気に影響を与える案件がまた一つ増えることになります。