羽毛肌掛け布団を自宅で洗濯してみました。情報一覧

羽毛肌掛け布団を自宅で洗濯してみました。

長年使っている羽毛布団。天日干しだけでは取れない染みついた汗や匂い...少し気になる?...ダニとか大丈夫?...毎日肌に触れるものだから清潔に保ちたいですよね。

家庭では洗えないとあきらめている方も多いのではないでしょうか?

表地が中綿素材かポリエステル、アクリルなどの化学繊維、羽毛であればほとんどが洗濯できます。(キルティング加工してあるもの)

重要なことは2つ。まずは洗濯機に入ることが重要です。目安として洗濯機に入れた時に20%ほどの余裕があればOKです。もう1つは洗濯をする日は、湿度の低い晴れた日に行いましょう。(羽毛布団は乾きにくいので)

①     汚れがあるようでしたら、下洗いしてください。洗濯機に中性洗剤を入れ水量は最高に設定し洗剤液を作ってから汚れている部分が外側にくるように三つ折りにして端からくるくる巻き、なるべく小さくし洗濯機へ入れてください。両手で押し沈め普通コースで洗います。

②     洗い上がったらなるべく早く取り出し干し竿やベランダへ干してください。途中で2~3回裏返す。

③     乾いたら布団の両面をパタパタ叩き、羽毛の間に空気を送ります。羽毛の固まりがあったら手でほぐして下さい。

④     最後に私はコインランドリーへ行き5分程度、大型乾燥機に入れてきました(100円)。羽毛布団に空気が入りより膨らみふわふわになります。

簡単なのでぜひ洗濯してみてください。

 

羽毛布団をしまう時の注意

・圧縮袋はNG!ダウンボールの核の羽軸が破壊されていまします。一度壊れると元には戻らないので気をつけてくださいね。