ペットの癒し効果について情報一覧

ペットの癒し効果について

現在日本では2万頭以上の犬、猫がペットとして飼育されております。動物と触れ合うことで、疲れている体や精神がほぐれていることを感じたことがある人は多いでしょう。科学的にも癒し効果があるとされ、健康にも良いとされています。今回はその効果をご紹介します。

オキシトシンが分泌される

動物と触れ合っていとき、人間の脳内には「オキシトシン」という物質が分泌さます。愛情ホルモンや幸福ホルモンと呼ばれることの多いオキシトシン。脳の疲労感を軽減させて、精神を安定させる効果があります。

 

運動量を向上させる効果

毎日の散歩だけではなく、餌をやることやペットと戯れることで、日常生活の運動量が向上されます。また、一緒に過ごすペットの種類によっては、毎日同じ時間に起床する、餌を与える、散歩に行くなどが必要になり、規則正しい生活を送ることにつながります。

 

アニマルセラピーとしての効果

動物とのやりとりの中で、人とのコミュニケーションの方法も少しずつ練習し、学んでいくという役割もあるでしょう。これは引きこもりや不登校の子どもたちに対して、大きな効果が期待できます。

また認知症の方にも有効で、動物と触れあう回数が増えるたびに、会話や笑顔が増えるといった例もあります。実際に『アニマルセラピー』として、動物との触れあいの時間を作っている施設もあるほどです。

 

日常生活に疲れを感じている方は動物と触れ合ってストレス解消してみてはいかがでしょうか。